小麦粉は太る?下半身太りしやすいのは本当なのか徹底調査!

スポンサーリンク


ご訪問ありがとうございます。

さくらです。

朝はパン派ですか?

ご飯派ですか?

私は朝昼パンを食べるほどパンが大好きなんですが、何やら気になる情報が・・・。


小麦粉は太る!下半身デブになる!!

さくら
さくら

マジかっ!!!っていうか何故に下半身!?
これ以上の下半身デブは困るわぁ~~~

これは放っておくことはできまい。。。

ということで、今回のお題はこちら↓↓

  • 小麦粉は本当に太るのか?
  • 太る理由は何なのか?
  • 本当に下半身デブになるのか?


小麦粉がどうして太るのか知りたい下半身太りが怖いという方はぜひご覧ください♪

下半身太りを回避し、適切な小麦粉の摂り方が分かりるようになりますよ~。

スポンサーリンク

小麦粉が太る原因は「グルテン」にある

小麦粉を摂ると太るのか?

小麦粉に限らず食べ過ぎれば肥満に繋がるわけですが、結論から言うと小麦粉は太りやすいです。

「私たちがよく口にするパスタ、ラーメン、ピザなど小麦粉を使った食べ物には、グルテンという成分が含まれています。このグルテンは消化されにくく、いったん腸の粘膜に入り込むと、粘膜が炎症を起こし、体の不調や肥満につながりやすいと言われています」

https://esse-online.jp/recipe/229736

「グルテン」という言葉は聞いたことがあるという方も多いと思います。

グルテンとは小麦粉に含まれる成分なのですが、このグルテンを摂りすぎることが太る原因になっているみたいなんです。

粘り気のあるグルテンは摂取すると腸内にこびり付き、腸の粘膜を傷付けて必要のない物質までどんどん吸収していきます。

また、体を冷やす作用もあるため代謝が落ち、脂肪をため込みやすくなります。

さらに、グルテンには食欲増進作用があり、中毒性があるので食欲をコントロールできなくなってしまいます。

さくら
さくら

パンやパスタ、ケーキにドーナツにクッキー・・・
確かにいくらでも食べたくなるし太るものばかり!

炭水化物は、摂取すると血糖値が急激に上昇し脂肪になりやすいというのもありますが、炭水化物の中でもグルテンを含む小麦粉は、このような理由から特に太りやすい食品で、尚且つ中毒性があるということは言えると思います。

スポンサーリンク

小麦粉を摂取すると下半身太りするってほんと?

さくら
さくら

小麦粉が太りやすいのは分かったけど、どうして下半身が太りやすいと言われているの?

下半身が太りやすいと言われる理由には、グルテンの「体を冷やす」という作用が関係してきます。

下半身に脂肪が付く原因は「冷え」

体が冷えると血行不良やリンパの流れが悪くなり、体の余分な水分や老廃物が排出されにくくなります。

下半身に水分が溜まりやすくなると浮腫みの原因になり、浮腫んで冷えた脂肪は肥大化してセルライトへと変化し、下半身太りへと繋がってしまうんです。

しかも脂肪は冷えやすく温まりにくいため、脂肪が多い下半身は痩せにくくなかなか冷えを改善できないという悪循環に陥ってしまいます。

さくら
さくら

私、すごく浮腫みやすいし、お尻や太ももを触るといつも冷たい・・・。
これは小麦粉のせいだったの!?

確かに小麦粉は体を冷やす食品ですが、誰もが小麦粉のせいで体を冷やし下半身太りになるわけではありません。

その人の体質や腸の状態次第でグルテンの影響を受けにくい場合もあり、体を冷やす食品は小麦粉以外にもたくさんあるからです。

小麦粉以外にも体を冷やす食品はたくさんある

体を冷やすと言われている食品は、小麦粉以外にも以下のものが挙げられます。

体を冷やす食品

白砂糖 塩 豆腐 きゅうり キャベツ 白菜 ごぼう 大根 ナス トマト スイカ バナナ 柿 梨 魚 肉の脂身 マヨネーズ 牛乳 豆乳 緑茶 コーヒー ビール ワイン

冷えが気になる方はこれらの食品を避けることをオススメしますが、これだけ多いとさすがに普段の食生活の中で全て避けることは難しですよね。

体を冷やすとされている食品でも、例えば焼いたり煮込んだり調理法を工夫すれば、体を冷やす作用が弱くなる傾向があるようです。

太りたくない!小麦粉は絶対に摂ってはダメ?

グルテンフリー、いわゆる「小麦断ち」をする方が近年増えているそうです。

ダイエットをしている方、胃腸が弱い方、小麦アレルギーの方などが実践していると思われます。

さくら
さくら

「痩せたいから太りやすい小麦粉の摂取は控える」というのは分かるけど、少しでも摂取したら本当に太ってしまうの?

太るかどうかは個人差や体質、小麦粉の摂取の仕方にもよるようです。

体質の問題、制限すると返って不調になる事も

とても太りやすい人もいれば痩せやすい人もいる。

それと同じように、グルテンの影響を受けやすい人もいれば受けにくい人もいます。

そう考えると、小麦粉を摂取したからと言ってみんながみんなすぐ太るということは考えにくいのではないかと思います。

さくら
さくら

「朝はパン派で~す♪」と言ってる人がみんな太ってるなんてことないですよね?

また、小麦粉が太りやすい食品だからと言って、一切摂取しなければ太らないかというとそれも違うのではないかと思います。

それどころか、健康な方がグルテンフリーを行うことで、かえって体調を崩してしまうこともあるそうなんです。

ある研究結果で、グルテンフリーを健康な人が行うことでビフィズス菌や乳酸菌などの腸内細菌が減り、免疫機能低下や大腸菌などの有害な腸内細菌の増殖を招いたと発表されています。

さくら
さくら

太りたくないだけなのに、健康を害したら元も子もないよね。。。

再度言いますが、ちょっとパンを食べただけで太ることはありません。

グルテンフリーとは、グルテンが原因とされる消化吸収不良の人が改善を図るための食事療法であり、決してダイエット目的で行われるものではありません。

小麦粉を摂ると必ず太るわけではなく問題なのは「過剰摂取」

さくら
さくら

小麦粉は太りやすい食品だけど、一切摂取しないのも体に良くない・・・?
じゃあ、太りたくない人はどうすればいいの?

どんな食品にも言えることですが、太る原因になるのは過剰摂取です。

パンやパスタを食べて太ってしまったという方・・・もしや食べ過ぎていませんか?

炭水化物も体にとって必要な栄養素になります。

でも、食べ過ぎてしまえば当然糖質の過剰摂取となり脂肪が付きますし、グルテンの影響も大きく受けるかもしれません。

でもしつこいですが、適切な量、適切な食事内容であれば決して太ることはありません。

さくら
さくら

「適切な量」ココがポイントですよね!

小麦製品を摂りすぎているかも・・・という方は、小麦粉の摂取を控えたら痩せることができるかもしれません。

太りたくないけど、どうしてもパンやパスタをたくさん食べたい・・・という方は、グルテンフリーの食品を選べば体重増加を防ぐことができるかもしれません。

低糖質ということで人気のふすま粉を使ったパン。
ダイエットをしてる方には栄養素たっぷりのふすま粉パンがオススメ↓↓


このように、自分に合った小麦粉の摂り方をすれば、グルテンフリーは決して悪いことではなく健康をもたらしてくれるのではないかと思います。

さくら
さくら

太りたくない!下半身デブになりたくない!という方。
本当にグルテンフリーが必要ですか?
小麦粉を摂り過ぎている方は、和食中心の食生活にしてみてはいかがでしょうか♪

まとめ

ということで、「小麦粉を摂取すると太るのか?」「その理由は?」「下半身が太るのは本当なのか?」について調べてみました。

今日のおさらい
  • 小麦粉に含まれるグルテンが太る原因になる
  • グルテンが腸にこびり付くことによって余分な物質を吸収してしまう
  • グルテンには食欲増進作用があり中毒性もある
  • 小麦粉が体を冷やす食品であることから下半身に脂肪が付きやすくなる

最後にもう一度言いますが、小麦粉が太りやすいといっても、ちょっと食べたくらいでは太りません。←さすがにしつこい

体が冷えないように食事のコントロールをすれば、小麦粉で下半身太りすることもないと思います。

過剰摂取にならないように注意し、ちょっと食べ過ぎたかな・・・という時に小麦製品を控えたり、和食中心の食事を心掛けてみるだけで体系維持はできるのではないかと思います。

さくら
さくら

米粉を使ったパンやグルテンフリーのパンなども販売されているので、それらをうまく使ってコントロールしていこう!



40過ぎてからますます下半身のお肉が気になる今日この頃。。。

パンが大好きで、朝昼食べてる結果なのでしょうね。

まずは朝食を和食に変えることから検討してみます♪ 実行しろー

朝からこんなちゃんとした朝食作る自信ないけど。




ではでは~~~




ポチっと応援お願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


コメント