建売の我が家のリビングが狭い!部屋を広く見せるための6つの工夫

14畳のLDK
スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。

さくらです。

狭いリビング

3人家族の我が家のLDKは14畳です。

10年前に建売住宅を購入し、それなりに気に入って暮らしてきたわけですが、このLDKの狭さだけがずっと悩みの種でした。

色々試行錯誤しながら、どうしたらこの狭いLDKを広く見せることができるのか、また広く使うことができるのかをずっと探求してきました。

その甲斐あってか、今では狭いなりにも快適に過ごせています。

ということで今回のお題はこちら↓↓

LDKを広く見せる

  • LDKの理想の広さ
  • 狭いLDKを広く見せるコツ

うちもLDKが狭い、狭いけどソファを置きたい、部屋のレイアウトで悩んでる・・・そんな方に読んで頂きたい記事となっています。

さくら
さくら

狭いLDKで悩んでたけど、今は特に狭さも感じずとっても快適に過ごせてるよ~♪

スポンサーリンク

LDK14畳はほんとに狭いのか?

さくら
さくら

14畳って一般的に見てもやっぱり狭いのかな?

LDKの理想の広さや、実際にみんながどの程度の広さのLDKに住んでいるのか調べてみました。

LDKとは?

その前に、LDKとはどの範囲のことを言うのか、皆さん知っていますか?

さくら
さくら

うちの旦那に聞いてみたら、「リビングだろ?」ってドヤ顔で答えてました。

違うわーっ!!

L・・・LivingリビングのL
D・・・DiningダイニングのD
K・・・KitchenキッチンのK

つまり、リビング、ダイニング、キッチンを一部屋にまとめた間取りをLDKといいます。

我が家の場合は4LDKなので、リビング+ダイニング+キッチン+4部屋ということになります。

LDKの理想の広さとは?

マイホームにおける理想のLDKの広さはどの程度なのか?

2010年に国土交通省が行ったアンケートによると、リビング15畳、ダイニン6畳、キッチン6畳が理想の広さとして最も多くの支持を得ているようです。

つまり、理想のLDKの広さは27畳ということに!!

さくら
さくら

これはいくらなんでも理想高過ぎじゃない!?
憧れではあるけど・・・

では、現実的にはみんなどの程度の広さに住んでいるのかも調べてみました。

LDK広さの平均は、「20.4畳」。
快適な広さの目安とほぼぴったり、同じ結果となっています。
データをみても1位「21畳」、2位「20畳」となり、3位に16~19畳がほぼ同率で続きます。
つまりLDKのおよそ6割が16~21畳のあいだでプランニングされている、ということになります。

イエタテ 実例323軒の人気間取りを発表!<第1回リビング編(吹き抜け・畳スペース)

20.4畳という結果が出ているようですね。

やはり人気は16~21畳ということで、我が家の14畳はかなり狭いということが分かりました。

ちなみにこちらのランキングで14畳は、「14畳以下」という括りで10位という結果でした。

スポンサーリンク

狭いリビングダイニングに置いてあるもの

さてさて、我が家の間取りを細かくいうとこんな感じになっています。

  • キッチン・・・およそ3.5畳
  • リビングダイニング・・・およそ10.5畳
  • リビング隣に4.5畳の和室

家族が寛いで過ごす部分がリビングダイニングになります。

そしてこのリビングダイニングに置いてある家電や家具が、ソファ、テーブル、テレビ、テレビ台、エアコン、サーキュレーター、収納ラック。

14畳のLDK
収納ラックは写真右側の壁際にあるのですが見切れています。

ほんとはまだ置きたいものはあるんですが、部屋が狭くなるのでこれ以上は物を置きたくないです。

ちなみに、ソファ裏はキッチンカウンターになります。

右側に和室があり、仕切りは取り外しています

それでは、私がこのLDKを少しでも広く見えるように工夫していることをご紹介していきます!

LDKを広く見せるために工夫していること

①部屋の配色に統一感を出す

部屋の中に色んな色があるとゴチャゴチャして見えますよね。

ゴチャゴチャしてるとどうしても狭い空間に見えてしまいがち。

逆に統一感を出せばすっきりと見えて広い空間に見えます。

我が家の基本色は白と木目。

白と木目調で揃えた家具
さくら
さくら

ナチュラルな感じにしたくて、家具や収納グッズなどは白と木目調で揃えています。

白は膨張色なのでより広く見えるかもしれませんね。

壁が白なので、白いものを置いても全く邪魔になりませんし統一感が増します。

そしてアクセントとして、クッションや雑貨などで鮮やかな色を取り入れたりしています。

観葉植物のグリーンも大事な差し色になりますね。

②家具は低いものを選ぶ

これは意識している方も多いかもしれませんね。

低い家具を選ぶと圧迫感がなく、部屋の空間に広がりを感じられるようになります。

それと同時に、なんとなく部屋がスッキリ見えますよね。

ローソファとテーブル

我が家のソファは足を取り外しています。

低くすることによって白い壁の面積が広くなり、部屋に奥行を感じられるようになります。

どうしても背の高い家具を置きたい時は、部屋の入口に置くのがおすすめです。

背の高い収納家具

目線の先に置いてしまうとどうしても圧迫感が出てしまい抜け感がなくなるので、背の高いものは入り口に置いて、存在感を出さないように配置しています。

③カーテンを白にした

これは「部屋の配色に統一感を出す」にも当てはまりますが、とても効果が大きかったので別枠にしました。

以前はパステルグリーンだった我が家のカーテン。

とても気に入った色だったし、圧迫感のないように明るい色を選んだんですが、カーテンを全部閉めた時にどうしても多少の圧迫感が出てしまいずっと気になっていました。

そこで、壁と同化させてしまおうと思い白いカーテンに新調!

思った通り圧迫感がなく大成功でした♪

白いカーテンのリビング

以前の画像がないので比べられませんが、カーテンを閉めても圧迫感ないですよね。

明るい色のカーテンを選べば部屋は広く見えますが、究極は白のカーテンかなと思います。

好みの問題もあるのでなかなか難しいですが、私は白が大好きなので問題なかったです。

カーテンでの工夫としては、もっと高い天井の位置から取り付けるという方法もありますね。

部屋の高さが協調されて空間を広く感じます。

これは住み始めてからでは難しいことですが、これから家を建てる方は頭に入れておくといいかもしれません。

④観葉植物は部屋の角に置く

リビングに一つだけ鉢植えの観葉植物を置いているんですが、この置き場所がなかなか決まらず試行錯誤していました。

空いてるところならどこでも良いだろうと思ってたんですが、置く場所によって部屋の広さの印象が結構変わるんです。

色々な所に置いてみた結果、決まった場所が部屋の角

下の画像2枚を見比べてみてください。

観葉植物の位置を比較

わずかな差ですが、下の画像の方が部屋が広く見えませんか?

これは遠近感の問題かもしれませんね。

観葉植物を置いて部屋の角をはっきりさせることで、部屋の奥行きを感じて遠近感が増します。

大抵のおうちでは部屋の角に置いている場合が多いと思いますが、視覚的に結構変わるようなので大きなポイントではないかと思います。

また、家具を低いものに統一しているので、観葉植物はある程度丈のあるものを選んでもそれほど圧迫感は出ないし、背の高い観葉植物は天井を高く見せる効果もあるようなので、もっと高さのある観葉植物を置いても良いのかなと思っています。

さくら
さくら

人気のウンベラータを置いて北欧風にしたい♪

⑤和室との仕切りを外す

我が家には、元々和室の入口に襖がありました。

和室の襖
我が家の写真ではないですが、こんな感じの襖があって仕切られていました

襖を閉めるとものすごく閉塞感があり、狭いリビングが更に狭くなるように感じていました。

でも、襖にはそれなりのメリットもあります。

襖を使用するメリット

来客時に部屋を独立させることができる
冷暖房の効率を上げる
襖紙が湿気を吸収してくれる

さくら
さくら

洗濯物をリビングに干した時に、襖が湿気を吸って表面がよれることがあった!

でも乾燥すればきちんと元に戻っていました~。

襖のある生活も便利でしたが、やはり部屋をもっと広く見せたいという思いから取り外してしまいました。

結果、視覚的に奥行きを感じるようになるのでかなり開放感を感じるようになりました。

⑥ソファーダイニングにした

何と言っても一番効果的だったと思えるのは、ソファーダイニングというスタイルをとったことだと思います。

一般的には、ダイニングには食事をするダイニングテーブルと椅子を置き、リビングにはソファーとローテーブルを置く、という形が多いと思いますが、我が家みたいに狭い場合はLDを分けてしまうのは致命的だと思いました。

だったら、食事もできてゆっくり寛げる、ダイニングとリビングの役割を同時に果たしてくれるスペースを作ってしまおう!ということになり、ソファーダイニングという形をとることにしたんです。

ソファダイニングのリビング

家を購入した当時は、頑張って一般的なスタイルのダイニングテーブルとソファーとローテーブルを置いていたんです。。。

でもギューギューでとにかく狭く、空間と呼べる部分が一切なくなってしまったんです。

2年ほどそのスタイルで頑張りましたが、もうお手上げ状態に。。。

今のソファーダイニングにしてからはとっても快適になり、視覚的にも広さが増したと思います。

さくら
さくら

ヒントになったのはファミレス!

食事もできてゆっくり寛げるコンパクトなスタイルが気に入りました♪

ラグを敷かずにフローリングを見せたほうがもっと広く見えるんですが、たまにこのスペースで旦那がゴロゴロ寝転んでるのでラグ必須となっています。

そんな風に、地ベタでゴロンゴロンできるのもソファーダイニングにしてスペースが生まれたおかげ♪

ソファーはニトリ↓

ソファー選びの条件は、足が取り外せること、奥行きが狭めであること、ゴロンと寝ても窮屈でないこと。

色は明るい色も考えましたが、食事をソファーでするので、汚れた時のことを考えてモカにしました。

暗すぎず明るすぎずちょうど良いです。

テーブルは楽天で

テーブルの横幅は120cm。

もう少し小さめでもいいかなと思いましたが、来客があったりホットプレートなどを置いたりすることを考えると、やはり120cmは欲しいかなと思いました。

このテーブル、木目と色味がめっちゃ良くてとても気に入っています♪

木目の綺麗なテーブル
実際はもう少し濃いめの色味です

これから家を建てるならこんな工夫も♪

天井を高くする

天井が高いことで縦に広い空間が生まれますよね。

横の空間が狭くても縦の空間が広がれば、視覚的に広さを感じることができます。

天井が高くなることでカーテンやロールスクリーンも長さのあるものを使うことになり、さらに広さを感じる効果に繋がると思います。

屋外のスペースと一続きにする

リビングの窓から見える庭に、リビングと一続きに見えるようにテラスやウッドデッキを設けることで、リビングにも広さを感じられるようになります。

ウッドデッキと繋がったリビング
画像お借りしています

窓を開ければさらに開放感が出ますよね。

リビングの床と続いてるような錯覚をうまく利用するのも、部屋を広く見せる技だと思います。

和室を隣接するなら垂れ壁なしにする

垂れ壁って分かりますか?

和室の入口に、天井から垂れ下がるように作られている壁のことです。

和室の垂れ壁

昔ながらの和室にはよく見られる垂れ壁ですが、最近では垂れ壁のない和室も増えてきているようです。

これがなくなるだけでかなりの開放感です。

垂れ壁のない和室
画像お借りしています

リビングと和室を繋げて広々と使いたいなら、垂れ壁をつくらずリビングとの一体感を出したり、リビングの中の一角に和室があるような雰囲気を出すのも良いかもしれません。

まとめ

我が家は建売住宅ですが、もちろんLDKの狭さを承知した上で購入しました。

でも、住み始めて家電や家具を入れてみて愕然!

14畳ってほんとに狭いです。

置ける家具は限られるし、思い切りインテリアを楽しむことも難しいかもしれません。

でも、狭いなりに工夫できるところはたくさんあると思います。

今回ご紹介した私がしている工夫はほんの一部だし、そのおうちによって工夫できることはまだ他にもたくさんあると思います。

さくら
さくら

でも、広いLDKも憧れるけど狭いなりのメリットもあるんだよね~♪

そうそう、狭いLDKにも良いところはあるんです!

  • エアコンの効率が良い
  • 掃除が楽
  • 物にすぐ手が届く

何かと楽できるので、グータラな私には14畳が合ってるのかもしれません♪

このメリットを感じつつLDKを広く見せることができたら最高ですね!




ではでは~!!




ポチっと応援お願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント