貼るカイロで低温やけど!?その予防法や熱すぎる時の対処法も伝授!

スポンサーリンク

ご訪問ありがとうございます。

さくらです。

冬はほぼ毎日カイロを服に貼っている私。

主にお腹や背中、外出時にはつま先にも貼ることが多いんですが・・・

知らない間にカイロを貼っているところの肌がめっちゃ熱くなってる時があるんです!

熱い感覚はなかったのに、触ってみたらすごく肌が熱くなっていて少し赤くなってる・・・

貼るカイロを愛用している方、同じような経験ありませんか?

それって、知らない間に低温やけどの危険が!!

さくら
さくら

でも貼るカイロって肌着に貼って良いんだよね?
カイロ自体が時々すっごく熱くなる時があるんだけど何でだろう?
やけどが怖いから正しい使い方や予防法が知りたい!

ということで、今回のお題↓↓


貼るカイロで低温やけど

  • どうして貼るカイロで低温やけどしちゃうの?
  • 貼るカイロを使う時の注意点は?
  • 低温やけどを予防する方法を知りたい!


肌を赤くしてしまったことがある方も、この記事を読めばその原因と予防法が分かります!

カイロが熱すぎる時の小技も説明しているので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

スポンサーリンク

貼るカイロで低温やけどするって本当!?その原因は?

低温でもやけどを引き起こす!跡が残ることも

「貼るカイロ」なんだから安全でしょ?と思いがちですが、貼るカイロでも低温やけどを負うことがあります。

低温やけどとは、低い温度のものが長時間肌の同じ場所に触れ続け、皮膚の深いところまで進行してしまうやけどのことを言います。

その温度は体温よりも少し高めの44℃~50℃で起こり、低温なので気付きにくく、痛みも少ないので放置してしまうことが少なくありません。

さくら
さくら

放置すると重症化してしまい、痕が残ったり手術が必要になる事もあるので要注意!!

低温だからと油断していると痛い目に遭ってしまいます。。。

こんな人は低温やけどに要注意!

カイロの温度は常に一定ではありません。

使う状況や貼り方によって温かさの感じ方は変わりますし温度も変化します。

その変化を察知し、カイロを剥がしたり貼る場所を変えたりすれば負傷することは防げますが、変化に気付けない方、変化に対応できない方、皮膚が熱くなりやすい状態の方などは注意が必要となってきます。

主に注意が必要な方

乳幼児・子供
高齢者
体が不自由な方
飲酒される方
糖尿病などの温感・血行障害のある方

スポンサーリンク

低温やけどを予防するために気を付けること

寒い冬には欠かせないカイロ。

背中やお腹などに貼ると全身がポカポカしてきてとっても温かいですよね。

さくら
さくら

でも低温やけどはしたくない!
予防するために気を付けることはある?

低温やけどはちょっとした心がけで予防することができます!

注意点をまとめてみました。

長時間一定ヶ所に貼らない

熱さを感じなくても、同じ場所にずっと貼っていると肌が赤くなっていることが多いです。

たまに肌を確認したり、貼る位置を変えたりすれば低温やけどのリスクは減ります。

また、どうしても長時間貼りっぱなしになったり位置が変えられないようなときは、いつもより服を重ねた上に貼ったり、事前にカイロの熱さを調節しておくと良いです。
※熱さの調節については後ほど説明します↓↓

ちなみに、貼るカイロの粘着力は結構強いので、私は2~3度貼り直してもいつも剥がれることなくきちんと服に貼り付いています。

機能性肌着や薄い肌着にカイロを貼らない

貼るカイロというのは基本的には肌着に貼るんですが、発熱性のある吸湿性発熱繊維などの機能性肌着に貼ってしまうと、必要以上に高温になったり熱が逃げずにやけどを負う危険性があります。

また、体にフィットし締め付け感のある肌着は、血行を抑えてしまい皮膚が熱くなりやすい状態になる事があります。

どんな肌着に貼っても大丈夫ということではないので注意が必要です。

また、ヒートテックのような薄い肌着も要注意ですね。

暖房器具と併用しない

うちの旦那を見てるみたい・・・

暖房器具との併用といっても、もちろんカイロを貼ったままエアコンのある部屋にいてはいけないということではありません。

気を付けなければいけないのは、こたつやヒーター、電気毛布など直接体に熱が伝わる器具のことです。

外部からの熱が加わるとカイロ自体の温度が急上昇してしまいやけどの原因になります。

さくら
さくら

その温度、なんと70度以上にもなるのだとか!
こたつでうたた寝するの最高に気持ち良いけど、必ずカイロを剥がしてからね!

私がよくやってしまうのは、リビングで使っている電気ブランケット

お腹にカイロを貼っている状態で電気ブランケットをかけていると、いつの間にかお腹に痛いくらいの熱さを感じ、カイロがものすごく熱くなっていたということが何度かありました。

とても危険なので、家の中では極力カイロを剥がすようにしています。

カイロを貼ったまま寝ない

寝るときはカイロがちょうどいい温かさだったとしても、布団に入り布団の中が温かくなってくるとカイロも高温になる事があります。

それに気づかず寝てしまうと、当然やけどのリスクが高まります。

また、低温のままだったとしても長時間同じ場所を温めることとなり低温やけどの原因になってしまいます。

危険なので、寝るときは必ずカイロを剥がすようにしましょう。

カイロが熱すぎる時の対処法

知らないうちにカイロが高温になっていることって意外と多いんです。

そんな時の対処法を教えちゃいます。

冷気に触れさせ熱を冷ます

これが一番手っ取り早いし誰もがやっていることだと思いますが、一旦冷めたとしてもまた同じ状況で使えば高温になってきます。

また、カイロは酸素を取り入れることで温度が上昇するので、やり方次第では逆に熱くなってしまうことも。。。

カイロにシールやテープを貼って使用する

おすすめがこちらの方法。

カイロの表面にテープを貼るだけで温度調節ができます。

これは、酸素を取り入れているカイロの表面をテープで塞いで熱さを抑えるという方法です。

ガムテープを貼ってみました

こんな感じでテープを貼るだけなのでとても簡単!

塞ぐ面積次第で熱さ調節ができるのもとても便利です。

そして、なんと塞いだ面積が広ければその分使用可能時間も増えちゃうんです!

単純に、半分の面積を塞いだ場合は、発熱効果の持続時間が2倍になるということに!

熱さ調節がうまくいかない方はぜひテープを貼ってみて下さい♪

やけどするくらいなら腹巻に変える

やけくそで言ってるわけではありません。。。

「お腹を温めたいけど、たまに熱すぎて困るしやけどするのが怖い・・・!」

そんな方は無理に貼るカイロを使わず、保温性のある腹巻をオススメします♪

さくら
さくら

腹巻なんて大した効果ないんじゃない?

効果がないなんてとんでもない!!

今はとっても保温効果の高い腹巻がたくさん販売されています!

かく言う私も腹巻愛用者↑↑
エステティシャン・高橋ミカさんプロデュースの天然シルク腹巻は、薄くてよく伸びて効果も使い心地も抜群!

まとめ

貼るカイロは、よほどのことがなければ絶対にズレないし体を直接温めてくれるので、寒~い日に一日中外にいるような日は絶対に欠かせません。

息子のサッカーの応援時はあちこち貼りまくってます!

でも、直接温めるからこそ危険もあります。

今日のおさらい
  • 長時間一定ヶ所に貼らないこと
  • 保温効果の高い肌着・薄い肌着に貼らないこと
  • 暖房器具と併用しないこと
  • カイロを貼ったまま寝ないこと


ちなみに私は、ヒートテックとその上に着ているシャツなどの上にカイロを貼ってちょうど良い感じです。

熱さの感じ方は人それぞれですが、熱いと感じなくても肌が赤くなっていないかたまにお肌チェックをしてみて下さい。

意外と赤くなっていることが多いので要注意です。。。




ではでは~




ポチっと応援お願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント